×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

背中にきび

背中ニキビについて

ニキビの問題を抱えるのは顔のみではありません。
顔や頭皮と並んで皮脂分泌が行われている背中にも、ニキビはできやすいのです。とはいっても、背中ニキビというのは、自分では気付かないこともあります。
背中の見えるドレスや水着といったものを身に着ける状況になって、やっと分かるという人も少なくないでしょう。

背中ニキビのうち、見た目の違いや段階によって白ニキビや黒ニキビ、それから赤ニキビといわれる種類が存在しています。
白ニキビというのは、過剰な皮脂や汚れが毛穴に詰まってしまうと出てしまう、はじめの段階の背中ニキビです。
白くふくらみのある毛穴の先端が微妙に固さを持っていて、さわると芯があるのがわかります。
白ニキビに詰まった皮脂が酸化すると症状の進んだ黒ニキビになります。黒ニキビに進行した毛穴は、古い角質まで詰まり、開いているのが見て取れます。
白ニキビや黒ニキビが発展すると、赤ニキビが生じる可能性があります。
ニキビが出た毛穴に皮脂が留まり続けていると、アクネ菌の勢力が増します。その後でアクネ菌は、毛穴のみならず皮膚の奥深くまで作用して炎症を起こさせるのです。
赤ニキビは痒みの他にも、膿んだりすることや近くの皮膚が腫れることにより熱を持ったりもするのです。
このため、ニキビの症状が鎮まっても、皮膚の凹凸、沈着した色素などの跡が高い確率で残ってしまいます。

背中ニキビを見つけたら、軽度の段階で処置を施して、跡が残るのを回避しなくてはいけません。
白ニキビや黒ニキビに気付いたら、誤りのない方法を試みて取り除きましょう。
また、ニキビを発生させないように気を付けることも怠ってはいけません。悪化して、赤ニキビに変化すると、自分でできる治療法で解消するのが難しいといえます。
赤ニキビを見つけたら、皮膚科に行くことによって治療を施してもらいましょう。